スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

4Dエコー

うちの病院は、不鮮明な、2Dエコーしかなくて、
しかも、いつも、ささっとしかみてくれません。

初期からの妊娠糖尿病で、
身体や内蔵の、奇形や障害の可能性の指摘もされていたので、
大学病院などで、くわしい検査をしたいとか、
いろいろ、訴えたのだけど、今のところ大丈夫、としか
言ってくれないしさ。

なので、自分で調べて、4Dのきれいなエコーで
赤ちゃんをみてくれる病院を、予約していたのでした。

(2ヶ月待ち!)


会社を早引けしたしいくんも、はじめて、赤ちゃんとご対面。


30分かけて、ゆっくり、お話しながら、
いろんな角度で、赤ちゃんをみせてくれました。

おなかの中の赤ちゃんは、いつも、
どんなことをしているのかとか、教えてもらったり・・

わたしの声は、聞こえているけど、
しいくんの声は、聞こえていないんだって。


赤ちゃん、ちょうど起きていて、
手で顔をさわったり、もぞもぞしていたよ。

お顔もはっきり見ることができて、
鼻も丸くないし、口のかんじも、どっちかというと、
わたしに似てるのかな??

でも、まだあんまりお肉もついてなくて、ちょっと、こわいと思っちゃった。

しいくんは、思慮深い顔をしていた、
と、しきりに、感心していたけどね。


診察ではないので、
こまかな指摘などは、してくれないとのこと。

でも、見た目には大きな悪いところは見つからなくて、
ちょっと、ホッとしたかな。

・     ・    ・

おわったあと、もう、夕方だったけど、
反対するしいくんを押し切って、
高円寺のリンツバキさんのアトリエへ・・・

ともだちへの、クリスマスプレゼントのキャンドルを選びにいきました。

リンツバキさんのアトリエ、
いつ行っても、気持ちのゆるぐ場所です。


きのう、できたてホヤホヤの、
新作のツリーキャンドル、すてき。

リンツバキさん、だいすき。

女の子?

病院へ。

T先生がお休みで、
代打の、K先生で、がっくり・・・

もらった、エコーの写真は
不鮮明だし。


でも、性別、わかりますか?ってきいたら、
「たぶん、女の子じゃないかな」だって。

わー

やったー!


17w3d

温泉にいっちゃったりしたので、
ちょっとどきどきしながらの、検診。

赤ちゃんは、元気で、ほっ・・・


なんか、かわいい。

わんこみたい。

大きさも、ぴったり週数どおりで
(ちょっと足がみじかい?)
ほかも、問題ないとのこと。


おなかの中って、せまそうだなあ。

工房からの風の初日、
雨音と強風と、あと、遠足の前の興奮で、
朝5時半に起きてしまって、
つらつらと、考えていたこと。

風、のこと。

わたしは、風、そのものも、
風、という文字や言葉のふくむものも、
とても、好きです。

その、風について、ずっと、ぼんやり、考えていました。

吹いていないときの風は、
どうだろう、とかね。


赤ちゃんの名前は、
男の子だったら、「紡」に、決めているのです。

女の子だったら、
「風」っていう文字を、いれたいのだけど、
ぴったりくるのが、浮かびません。

「春風」で、「はるか」って、どうかなあ・・・


きれいな言葉にたくさんふれてみようと、
金子とうたさんの、「美しい日本の季語」という本を
買ってみました。

わたしたちの想いにぴったりの、ふくよかな言葉、見つかるといいな。


被害者

フーのつわり中、
迷惑をこうむった人、ナンバーワン。


一日中、一緒にいるのに、かまってもらえず。

近寄れば、くさい、と言われ
おしっこしようとすれば、やめて!と叫ばれ
ごはんも用意してもらえず・・・


ごめんね、チとキ。

空白

いつの間にか、妊娠5ヶ月。


日記をおやすみの間、
いろいろ、ありました。

つわりがひどくて、体重もぐっと減って、
もうすこしで、点滴か入院だった・・・

のは、まあ、いいのだけど、
9月の検診で、ごく初期からの妊娠糖尿病と診断されて、
こころが、まったく落ち着かない日々でした。

なさけないくらい、
マイナスなことばかりが頭に浮かんで、
こわくて、赤ちゃんに向き合えず。

「妊娠」って言葉を、タブーにしてました。


でも、もう、5ヶ月。

おなかも、ふくらんできました。

やっと、いろんなことに、向き合う覚悟を決めました。
やっと、いろんなことに、自信をもつ勇気も、でました。


あと半分のマタニティ生活、たのしく、過ごさなきゃね。