スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

その後

動物園にいって、
夜、おしるしがきて・・・

その後。

弱かった痛みが、
12時くらいから、すこしずつ強く、
間隔もせまく、なっていって。

5分ごと、くらいの痛みが続くものの、
どのくらいで病院に電話すればいいかわからず、
一睡もできないまま、朝になりました。

これ以上がまんしたら、
病院まで、行かれなくなりそう・・・
と、思って、朝6時に、病院に電話。

そのまま、ドタバタと、
父さんに送ってもらって、しいと病院へ。


病院の陣痛室で、
10時間くらい、過ごしたのだけど、
ここは、もうろうとしていて、あまり記憶がありません。

何か、食べ物でも、水分でも、すこし口に入れると、
痛みの波で、吐き、吐き、吐き・・

さすってもらうのも、痛くて、
しいくんは、あまり、出番もなく。

気持ちも、体も、弱っていくようでした。


時間をかけて、子宮口も7センチまでひらいたのだけど、
なかなか、生まれるような陣痛につながらず。

赤ちゃんの心音が、一時弱って、バタバタしたり。

赤ちゃんは、この時点でも、まだ、おなかで動いていて、
右むいたり、左むいたり、位置が定まらず、
骨盤にはまってくれていないのでした。

そうこうしているうちに、破水してしまって・・・

破水した羊水をみたら、にごっていて、
これは、赤ちゃんが、出てこられないストレスで、
おなかの中でうんちしちゃった、ということなのだって。

エコーをみると、
赤ちゃん、ついに、あきらめて横になっちゃってるし、

旋回異常、羊水混濁、胎児機能不全

ということで、緊急帝王切開に、なってしまいました。


帝王切開、決まったとたん、いっきに進みます。

着替え、書類、なんやかやを、
同時進行でいろんな看護士さんが立ち代わりやってくれて、
あれよあれよと、ストレッチャーにのり、手術室です。

2度目の、手術室は、
相変わらず、緊迫感とのどかさのまざった、
ふしぎな空間。

手術台の上でも、陣痛と胎動は続いていて、
麻酔が効くまで、誰かが手をにぎっていてくれたのが、
すごく、心強かった。

わたしは、不安と、あと、
なんで、もうすこしがんばって普通に生めなかったんだろう、っていう
かなしい気持ちで、涙が、とまらなくて、
それも、いろんな人が、声をかけてくれて、心強かった。


おなかを切っているあいだも、
ずっと、泣いていて、そうしたら、先生たちの
「あー、けっこう汚れてる」とか
「思ったより大きい」とか、そんなような声が聞こえて、
赤ちゃんの、ふぎゃ、っていう、声が!

そのあと、おぎゃあ、おぎゃあって、元気な声がして、
わたしの、顔の横の位置にある台に、赤ちゃんは乗せられて、
タオルでごしごしふかれて、きれになって、
わたしそばに連れてきて、ほっぺに、くっつけてもらって、
どこか、手術室の外に、でていきました。


わたしは、すっかり、安心したのか、眠ってしまって・・・

気がついたら、手術は終わり。


4月5日、午後6時9分
無事に、元気な女の子が、生まれました。


この日は、わたしはそのまま病室で、
もう、赤ちゃんとの対面はならず。

しいくんは、新生児室で、ゆっくり、赤ちゃんを見られたみたいで、
写真をみせてもらいました。


生まれたて、ホヤホヤの、赤ちゃん。

つい、1時間前には
おなかの中にいたなんて、
信じられません。


足の裏に、おかーさんのお名前、書かれちゃってます。