スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ハレハレ文庫

1日、3回くらい、
えほん全部ひっくりかえしてます。

これで、ほうっておけば、30分くらい、集中。

自分の世界にはいっているので、
わたしが、とつぜん話しかけたりすると、
わかりやすく、びくっとします。

 

絵本屋といえども、
はれちゃんは、そんなに絵本をどんどんふやさない方針なので、
20冊くらいの絵本の中から
1軍のもの(10冊くらい)を、しつこく読みます。

6、7か月くらいから読んでる絵本が多くて、
さいきん、たのしみどころが、わかってきている様子。

「絵本もっておいでー」っていうと、
にっこにこで、せっせと、運んでくるのも、
ほんと、かわいい♪


ねんねのときの絵本は、
「おつきさまこんばんは」と中川李枝子さんの「おやすみ」。

「おつきさまこんばんは」は、
最初に読んだときから、雲がどく場面で、手をふるので、
あー、わかるんだ・・・と、おどろいたものです。

最近は、表紙と裏表紙の、お月さまの顔を交互に見て、
爆笑するのが、ブーム。

「おやすみ」は、わたしも、だいすきで、
だっこして寝かすときも、テキストを口ずさみます。

スポンサーサイト

It comments.