スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

入院7日目

はれちゃん、生後1週間。


はれちゃんに合わせる作戦で、
夜、大成功!


はじめての添い寝もかわいいし、
ぐっすり眠れて、はれちゃん、いい子〜


おむつ替えも、らくらく〜

・     ・     ・

退院検診で、産科に行ったら、涙が・・・

おなかに、はれちゃんがいたときのことを、思い出したのか
もう、からっぽのおなかを、さみしくなったのか。

なんか、胸がいっぱいに、なってしまいました。


明日が、いよいよ、待ちに待った退院で、
いいお天気だし、日中は、うきうき準備。

でも、静かな夜、
陣痛開始から、今までのこと、次々に思い出して、
涙がとまらなくなってしまって。

感動、のような気持ちと・・・

これから、ずーっと、この子をしっかり守っていかなくちゃいけないんだ、
そう思ったら、できるのかなあ、大丈夫かなあって、
ちょっと、心細く、不安も、はじめて、感じました。

はれちゃんが、おなかにきたときから、
わたし、ずいぶん、涙もろくなったなあ。

省エネ

省エネモードのはれちゃん。

昼間は、ほんとうに、泣かなくて、
おなかがすいたら、ちょっとむずがるだけ。

そのあとは、3時間くらい眠ります。

うんちしても、「今、おなら聞こえたでしょ?」ってかんじで
澄ましてます。


これは、そんなときの、お得意の、変顔。

入院6日目

はれちゃん、生後6日。


夜中、はじめての、苦戦。

はれちゃん、なんでかわからないけど、
ぐずぐずで・・・

夜中、しいくんにメールしたら、
しいの愛読書の「あかちゃんのいる暮らし」の
たぬき先生の言葉を、送ってくれました。

ふうもきついかもしれないけど、
そのまま受け止めてあげて、って。

すっごく単純なことだけど、そうかーって思ったのでした。

時間とか
おっぱいの量とか
うんちとかおしっことか
考えないで、
はれちゃんに、ただ合わせればいいんだね。

そして、入院長くて、いやだけど、
ここにいる間に、まだまだ、助産師さんたちに
教わらないといけないこと、いっぱいあるなあ。

がんばろっ。



はれちゃんは、そんな苦労もよそに、
朝になれば、また、すやすや・・

お昼前の授乳で、3時間起きず、
沐浴指導も、眠ったまま。

みんなから、眠り姫って、呼ばれてます。


午後は、「叔母さん」のあいこちゃんがきてくれて、
夕方は、しいくんが、また、早退してきてくれて。


しいくん、おむつ替え、じょうずになりました。


外は、コントみたいに、大荒れのお天気で、
桜、散らないでほしいなあ。


入院5日目

はれちゃん、生後5日。


はじめての、24時間母子同室。

夜は・・・思ったより、泣きました。

でも、3回、予想外の時間に起こされたけれど、
その合間は、ふだんよりも、よく眠れたかも。

看護士さんにも、
様子をみにくるたびに、ふたりともよく寝ていた、
って、言われたし、寝起きもすっきり。

やっぱり、安心できるのかな。

おなかの傷が治れば、
もっと身軽に動けて、夜中の寝起きもラクになるのにな。


入院が長くて、
生まれたての、このかわいさ、ほとんど、
わたしが独り占めなのが、もったいなくて・・・

はやく、退院して、しいくんと分かち合いたいなあ。

そんなことを思っていたら、
ビデオカメラがほしくなってしまって。

わたし、自分が、ビデオカメラを構える親になるとは、
まったく、まったく、予想外です。

でも、たとえ、この先たいして使わなくても、
このかわいさ、とじこめられるなら、それだけで価値あり!
さっそく、しいくんに、買ってきて、って電話しました。


えへへ、美人ちゃん。

・     ・     ・

陣痛室で待つお父さんをみるたびに、
なんだか、じーんとしちゃう。

しいは、どんなかんじだったのかな
帰ったら、聞いてみよう。

同室の、ふたりのお父さんも、
しいもふくめて、3人、タイプは全然ちがうのだけど、
どうしていいかわからないなりに、手をだしたいかんじ
会いたくて、ぎりぎりになっても駆けつけてくるかんじなど、
みんな同じで、ほほえましくて、じーんとしちゃう。

編みもの

入院中のひまつぶしに、
持ち込んだのは、本と、編みもの。

本は、夜、眠れないときや、
お昼寝のお供に。

それ以外のときは、編みものをしています。


入院といえば。

しかも、赤ちゃんを産んでの、入院といえば、
編みもの、っていうかんじなのだけど、
どの助産師さんにも、めずらしがられます。

聞いたら、今まで、そんな人、いなかったんだって!


ふしぎ。

でも、はれちゃんが、すやすや眠り姫だから
できることなのかもなあ。

入院4日目

はれちゃん、生後4日。


痛み止めを抜いたので、
お腹痛く、よく眠れず・・・


はれちゃんは、おっぱいを飲むのが、じょうず。

そして、わたしのおっぱいは、
張りもせず、とってもよくでます。

きょう、量ってみたら、
15分で64グラムも、飲んでました。

一回に、そんなに飲むので、やっぱり、よーく眠ります。

まわりのお母さんたちは、
こまめに泣く赤ちゃんに、こまめにおっぱいをあげているのだけど、
わたしだけ、なんだか、ひまで。

そして、だんだん、大丈夫かな、って
心配になっちゃったりして。

助産師さんは、よく飲めば、よく眠るのは当たり前で、
大丈夫だよ、って、いうのだけど。


よいお天気で、風が気持ちいい。

窓辺で編みもの、はかどります。

・     ・     ・

お友だちに、写真付きのメールをおくって、
あったかいお返事をたくさんもらって、じーんとしました。

はれちゃん、こんなに、みんなに、よろこんでもらってるよ。


夕方、会社を早退してきてくれたしいくんは、
やっぱり、はれちゃんにべったり、メロメロ。

わたしの話を、あんまり、聞いてくれません。


今晩から、24時間同室がはじまるけど、
だいじょうぶかな?

入院3日目

はれちゃん、生後3日。


痛み止めがはずれて、シャワー!
と、思っていたけれど、外れるのは午後とのことで、
まだ、午前中は、ひまひま。

はれちゃんのガーゼに、お名前を刺繍して、すごしました。


10時から同室だったのだけど、
はれちゃんは、ほんとうに、すやすやと、眠ります。

今日からやってきた、
はれちゃんの1日年下の、超元気な男の子が
ずーっと大泣きしているそばで、
すやすやすや・・・


まったく、おじぞうさんに、そっくりです。


ときどき起きるけど、
やっぱり、よっぽどでないと、泣きません。

ごきげんちゃん。


これは、おっぱい飲み終わったときの顔。

おっぱい飲み終わると、
よっぱらいのおじさんみたいなかんじになります。


・     ・     ・

午後、しいくんがきて、
はれちゃんみて、ずっとにやにや。

赤ちゃんがやってきたことも、もちろんうれしいけれど、
わたしは、しいくんを、父さんにできた、しいくんの父さん姿をみられる
ということも、とってもうれしいし、満足なのです。

名前

お名前が、決まりました。

はれちゃん、っていいます。

しいくんが、考えてくれて、
まわりも、とっても、気に入ってくれています。

わたしたちから、1番最初の、贈りもの。

これから先、この子が、
いちばんたくさん、かけられる言葉。

いろんな声で、いろんな風に、
たくさんたくさん呼ばれて、いい名前に育ってほしいです。


さっそく、ガーゼに、刺繍。

かんたんっ


入院2日目

赤ちゃん、生後2日。


朝、歩いてみたら、大丈夫だったので、
歩くの解禁。

自由だー!

歩けるって、すばらしい
世界が、ぐっと広がります。

顔もようやく洗えて、体も、ふけて。

窓から見える桜は、満開です。

・     ・     ・

はじめて、赤ちゃんにおっぱいをあげるやり方を、教わる。

眠っていても、  パクッと吸い付くのが
おもしろくて、口元が、かわいいの。


そのまま、ようやく同室開始で、
赤ちゃんはスヤスヤ眠っているので、わたしも
横で、うつらうつら。


午後は、しいくんがきて、ずーっと見てました。

ほんと、赤ちゃん見るの、飽きないねー
ただ、眠っているだけなのに。


しいくん、はじめての、だっこ。

おそるおそる・・・


父さん、母さんも、ちらっときました。

だれがみたって、こんな小さい人、
ちいさーい!かわいー!って、言わずにいられません。


かわいーなー

入院1日目

赤ちゃん、生後1日。


手術後は、意外に、よく眠れて、
すっきりとした、目覚め。

痛み止めが、まだ、背中にはいっているので、
痛みも、それほどでもなく。


朝ごはんは、ないし、
赤ちゃんもいないし(生まれたときに会ったきり)
歩けないし、ひまーな、午前中。

あれって、夢だったんじゃないだろうか・・・というような。

・     ・     ・

おかゆ食べて、午後も、ひまー。

本当は、歩く練習をして、
赤ちゃんのところにおっぱいをあげにいくはずだったのだけど、
痛み止めの影響で、足がしびれて歩くことができず・・・

でも、助産師さんが、
ちょこっとだけ、赤ちゃんをつれてきてくれて、
赤ちゃんってば、むりやり、おっぱい飲まさせられてた!

なんて、ちいさいのっ

かわいー!!

・     ・     ・

夕方、しいくんが、30分だけ、会社帰りに寄ってくれました。

ちっとも動かなかったけど、
やっぱり、疲れていたのかな
夜は、ぐっすり、眠ることができました。