スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

お食い初め

はれちゃん、うまれてから、
103日目くらい?の、海の日。

ばあばのうちで、お食い初めです。

きのうの夜から、準備をはじめて、
朝は、父さん母さんも巻き込んで、てんやわんや。


じゃーん。


  ・・・ お品書き ・・・

  ピースな白和え

  わるいことナスの揚げびたし

  運のたくさんつく南瓜の茶巾

  鯛のおかしら

  お赤飯

  ポパイのおすまし

  さくらんぼと、平和のらくがん

  小石


メニューは、願いをこめて、
(・・・むりやり?)
あと、できるだけ、季節の素材を使った料理、
ということで、しいくんと考えました。


何年も前、あまりの素敵さに、迎えてしまった、こども茶箱と、
はれちゃんへの、いただきものの、岩手の漆のお椀と、匙屋さんのおさじで、
ちょうどよく、しつらえることが、できました。

とうもろこしと、マイクロトマトと、
グリンピースの白和えは、ちょっと、満足のアイディア。


豊島屋の、ほとぽっぽの、らくがん、
かわいいし、おいし。


ばあばに、お口に運んでもらいました。

まねっこだけのはずが、
はれちゃん、(しいくんのおもいおもい入りの)おすいもの
なめちゃった!

そのときの顔ってば。

なめたとたんに、目を見開いて、
すごくびっくりしていて、ケッサクでした。


はれちゃん、これで、
たべものに困ることは、ないでしょう〜

よかった、よかった。

おもいおもい

お食い初めの前夜。

しいくんが、
かつをぶしを、削っています。


ひと削りごとに、想いを込めたそうで・・・

たいへん、重い、だしになりそうです。

はれちゃん以外の人が口にしたら、
おなかこわすかも。

たんじょう日

スカイツリーとおなじ、
わたしの、誕生日。

朝から、いつもどおり、
はれちゃんのお世話で過ごしながら、
夜のしいくんとのディナーにむけて
着々と準備。

こころは、ピザとワイン!

この日のために、
前日から、せっせと搾乳にはげんだのです。

へへへ
あいかわらず、こんなところに、情熱。


はれちゃんも、一緒に連れて行く予定だったのだけど、
雨風が強し、置いていけば?と言われて
おもいきって、はじめて、お留守番していてもらいました。

はからずも、ひさしぶりの、
しいくんと水入らずのデート。

生まれてはじめて、サプライズでデザートがでてきたりして・・・

おいし、うれしの、ひとときでした。

年取るのは、アレだけど、
お誕生日は、いつも、いいものだなー


お留守番隊のはれちゃんはというと、
なんと、泣かずにすごしたらしい。

わたしと一緒だと、毎日、一度は大泣きする時間なのに・・・


一年前、「来年は、3人になっているといいね」
って言っていたのが、ほんとうに、なりました。

あのとき、まだ、おなかのなかの
卵のひとつだったのが、
今、小さいけど立派な人間として、どっしりと手の中にいるなんて、
なんかな、おもしろいです。

みんなのおかげで、シアワセな、一日。

来年も、こんな風にすごせたらいいね。

わいわいお宮参り

気持ちのいい、日曜日。

お宮参りにいってきました。

せっかくだから・・・
と、みんなに声をかけ、
わたしたち、両親、妹と姪っ子(ダンナさんは仕事)
お義母さん、義弟夫婦、おばあちゃん、
おとな9人、子ども2人、赤ちゃんひとりの
にぎやかなご一行に。

お義母さんは、宮崎から、きてくれました。


集合するのも、一苦労。


はれちゃんは、わたしが赤ちゃんのときに着たというドレスを着ました。

赤ちゃんのあのドレス姿、
笑っちゃいます。


やーっと一通り終わって、
お昼は、リクエストした、豪華な中華です。

はれちゃんは、主役のかげをひそめ
すみっこでいい子で寝ていて、
ときどき、思い出したように、誰かがかまってくれていました。


ゆずかのこと、ずーっと見てる、はれちゃん。


いろんな人にだっこされて、
かわいいって言われて、
はれちゃん、しあわせな一日でした。

もちろん、わたしたちも。


きっと、すてきな人生になるよ!